鹿倉山

コース概要 | 写真と本文 | 地図と参考書 | コース図

コース概要

→ページトップに戻る

写真と本文

自転車(MTB)を押して大丹波峠(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)自転車(MTB)を押して大丹波峠
(2002年3月17日)

大丹波峠です。

北に丹波村に向かって峠道は続いています。鹿倉山へはこの写真の手前を右側(東の方角)に林の中へと入っていきます。

この写真には写っていませんが、小菅村方向も遠く望むことが出来ます。

→ページトップに戻る

大丹波峠から北に丹波村を望む(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)大丹波峠から北に丹波村を望む
(2002年3月17日)

大丹波峠から北の方角には遠く丹波村が望めます。

長閑な日本の風景です。

→ページトップに戻る

大丹波峠から鹿倉山に自転車(MTB)を担ぐ(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)大丹波峠から鹿倉山に自転車(MTB)を担ぐ
(2002年3月17日)

大丹波峠から鹿倉山に続く尾根に上がる道です。

すぐに自転車(MTB)を担いでの登りになりますが、気持ちよく登ることが出来ます。

→ページトップに戻る

鹿倉山山頂(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)鹿倉山山頂
(2002年3月17日)

1時間ほど自転車(MTB)を担ぐと、明るい尾根上に出ることが出来ます。

山頂へはあと一息ですが、鹿倉山山頂は標識がないと通り過ぎてしまうかもしれません。地味な山頂です。

ですが、眺めは遠く大菩薩まで見通すことが出来て最高です。

→ページトップに戻る

鹿倉山山頂から大寺山へと自転車(MTB)で走る(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)鹿倉山山頂から大寺山へと自転車(MTB)で走る
(2002年3月17日)

鹿倉山山頂から大寺山へと自転車(MTB)で走る道は、尾根の林の中になります。

途中には倒木もあったりしますので、下ばかり見ずにしっかりと前を見ることが必要です。(そうしないと頭を打ってしまいます。)

→ページトップに戻る

大寺山から余沢へと林道を自転車(MTB)で走る(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)大寺山から余沢へと林道を自転車(MTB)で走る
(2002年3月17日)

大寺山から余沢へ続く林道は気持ちの良いダートコースです。

ですが、かなり大きな石がごろごろしているダートですので、自転車(MTB)の運転には慎重になる必要があります。

→ページトップに戻る

小菅村役場駐車場(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)小菅村役場駐車場
(2002年3月17日)

休日であれば小菅村役場の駐車場に車を止めることが出来ました。

勿論、役場の人にきちんと断ってからとめる必要があります。時によっては、村のイベントなどで使えないこともあるからです。

→ページトップに戻る

地図と参考書

地形図(国土地理院):丹波(1/50,000)

山と高原地図(昭文社):奥多摩

→ページトップに戻る

コース図

(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)

→ページトップに戻る
40代からの山岳サイクリング・ホームページ